記事一覧

スターウォーズ

紹介文でもあるようにスターウォーズが大好きです。

小学生の頃に家にあったファントムメナスのDVDを見て映像の迫力に圧倒されました。それと同時期に公開されていたクローンの攻撃も見て、ジェダイ騎士達が華麗に剣を振るい、舞う様がかっこよくて仕方ありませんでした。その三年後に公開されるシスの復讐が当時はそれはもう楽しみでしたね。

と、私はスターウォーズを新三部作と呼ばれるEP1から3まで順番に見た後、旧三部作であるEP4〜6を見ました。

一応エピソード順なので理に適っていると言えばそうなのですが、やはり大半のファンは制作された順番から見るのが普通と感じるでしょう。もちろんそこは人の自由です。

EP1〜EP3であったことをEP4〜EP6で言及しているのを見ると制作順違うのに何でここまで整合性高いんだといつも感心します。特に新三部作を見た後にEP4等でオビワンがアナキンについて話すシーンを見ると胸に来るものがあります。私はそこで感傷に浸るのが好きです。

また、アナキンことヴェイダーは全エピソードに登場するので彼自身の物語とも言えるでしょう。事情を知ってから旧三部作に触れればきっとまた彼への見方が変わると思います。

ただエピソード順に見るデメリットとしていつも思うのが、EP5でのヴェイダーがルークに衝撃の事実を話すシーンを見たとき、EP4から見ていればルークと同じ衝撃を感じられたかもしれませんが、順番に見て過程を知っているせいであぁそりゃそうだよなぐらいにしか感じられない部分です。やはりスターウォーズを楽しむ上で、当時映画館で観客が受けたのと同じショックならぬ驚きは心に刻みつけたいところですが、私はそうならなかったのが後々悔やまれました。

旧三部作から見るスタイルも勿論良いです。EP6を見終わった後にあのルークの父親は一体どれほどの人物だったのか、というのを随所随所で語られていたシーンと整合しているのかを比べられるからです。ただアナキンのフォースの才能を見出したのは当初はオビワンという設定だったらしいですが、クワイガンが登場したことで設定は変わり、オビワンとアナキンの出会いは意外とあっさりしたものになっているのがちょっと残念です。

どんな順番で見るにせよ楽しみ方が幅広くあるのはとても良いことです。
私とスターウォーズ談義しませんかなぁ❓
私、新しく作品に触れる人達を応援します💓
If only you knew the power of the Darkside
スポンサーサイト

コメント

普通のジェダイがダースベイダーに…なぜ人々は暗黒面に堕ちたのか?

わしがジェダイの長じゃ!
そこに修行してろ
あんた、耳にライトセイバーがついてるわよ
フォースでろ!
おはようございますルーク様!(C-3PO)
ちょっと(暗黒面)やめましょうよ…

コメントの投稿

非公開コメント